MENU

格安SIMの選び方と手続き方法

格安SIMカードは、大手キャリア以外の事業者(MVNO)が販売・提供する通信アイテムの事です。
MVNOとは自社での通信設備を持たないで、すでに存在しているキャリアの回線を借りて通信事業を行う事業者の事を指します。
大手キャリア以外のその名前の通り大手キャリアの販売するSIMカードよりも値段が断然安い事が一番の特徴です。しかし、格安SIMの良さは値段だけではありません。

 

年齢別プランや通信料によっていくつものプランがあったり、様々な契約内容があるのですが、格安SIMの場合はプランの種類は基本的に少なく、シンプルです。
多くのMVNOで提供されるプランは、音声通話の有無によるプランと毎月のデータ通信量を設定することができるプランしかありません。
電話をあまりせず、メールやゲームや動画、ウェブの閲覧を主な使用目的とする人には、データ通信専用のSIMカードがお勧めです。
ここで大切なのがデータ通信専用のSIMカードを選ぶときには、SMS機能の付いたものを選択します。
SMS機能は、携帯電話の番号を使って個人認証をするために必要なので、アプリやゲームなど遊ぶ際に使うことがあるだけでなく、クラウドサービスにログインする際や契約時の本人認証にも使うことがあるので重要です。
一方、通話を頻繁にされる場合は、電話番号つきのSIMカードを選ぶことをお勧めします。

電話番号付のSIMを安く買いたいなら楽天モバイル
楽天モバイルの評判は?

 

電話番号付のSIMは、データ通信専用SIMよりは若干料金が高くなります
なお、音声通話専用のSIMカードにはあらかじめSMS機能が付いています。
自分に合うカードが分かったら、実際に購入をします。

 

このときに注意が必要なのは、音声通話つきSIMカードを購入する場合です。
その時点で使っている携帯電話がある場合、その電話番号をそのまま移行して使うには、本人を確認できる書類とナンバーポータビリティでの予約番号を契約する必要があります。
予約番号は、契約しているキャリアに電話をかけてもらうだけで可能です。